仕事と人を知る WORKS & MEMBERS

バル営業部

竹下 知輝TOMOKI TAKESHITA

2019年入社

立教大学 法学部 法学科 卒

釜で焼き上げた本格的な
「ピッツァ」

店長を経て、新店舗や新事業を
任される人材に成長したい。

事業部初の新卒社員に。

就活を通じてすごく印象的だったのが、採用担当の方々の熱意でした。IT業界と飲食業界のどちらの道に進むかを迷っている時に、「ぜひはなまるで活躍してほしい!」というメッセージを何度もいただきました。また、選考のプロセスが進むうちに「竹下さんは、はなまるうどんよりもバル営業部のほうが向いているかもしれない」と提案いただき、それまでは新卒の受け入れをしてこなかったバル営業部の役員面接を急遽セッティングしてくれました。その結果、事業部初の新卒社員として迎え入れていただけることになりました。
内定が決まってからはアルバイトとして「カヤバール」に入ることで店舗のオペレーションに触れ、就職後のギャップも感じることなく会社に溶け込むことができました。入社半年が過ぎた現在は、副店長になるための修行と学びの毎日です。

はなまるに「カヤバール」という新しい柱を。

いま取り組んでいるのは、イタリアンバル「カヤバール」の運営業務です。ホールでの接客やキッチンでの調理をはじめ、店舗運営の責任者に必要となる知識やノウハウを吸収しています。
現在、仕事の楽しみとなっているのがキッチン業務。料理の仕込みから石窯を使ったピザづくり、前菜の調理、パスタやステーキの調理などを行うのですが、お客様に喜んでもらえるおいしい料理が作れるようになることが自分の喜びでもあります。
そして日々心がけていることは「笑顔での接客」。ただサービスするだけではなく、料理提供の際に一言を添え、お客様が次にしたいことを察知してスムーズに対応できるよう心がけています。キッチンでは調理に必要な材料を整理整頓し、素早く提供できるよう心がけています。
もうすぐ挑戦する副店長の試験にまずは合格し、店長を経てゆくゆくは新店舗の出店や新事業の検討などを任される人材に成長していきたいです。

自分を商品に例えると?

ピザ生地

チームの土台となって、どんな人にも合わせられる自信があります。
社会人としていろんな方といい関係を築きたいと思っています!

はなまるの ここが はなまる!

他の会社を見たことがないので比べるのは難しいのですが、「堅すぎない社風」が当社の大きな魅力だと感じています。みなさんフレンドリーで意見や相談事も言いやすく、自分や他のスタッフの仕事がやりやすいように店舗や仕組みを改善していくことができます。また、前向きな失敗なら許されるというか、チャレンジすることをとても好意的に受け取ってもらえる会社だと思います。

就活生へのメッセージ

就活では「給料・待遇・休暇」などで会社を探す方が多いと思います。しかし、社会に出て周りを見渡すと「人間関係」で会社を辞める人がとても多いように思います。だから、「人」を見て決断することを大切にしてください。私ははじめIT系を中心に就活を行っていたのですが、内定をいただいてもちょっと違和感を抱き、最終的に楽しい雰囲気の当社を選びました。それが大正解だったと思っています。