仕事と人を知る WORKS &

東日本営業部

櫻本 浩太KOTA SAKURAMOTO

2015年入社

東洋大学 理工学部 応用化学科 卒

「塩豚おろしぶっかけ
(だし抜き)」にカウンターの
醤油をかけて生姜をトッピング

SV(スーパーバイザー)として、
お客様の期待に応える店舗を実現する。

SVとして都内9店舗を統括。

商品開発の仕事に興味を抱いてはなまるに入社しましたが、店舗社員から店長、SV(スーパーバイザー)へと職責が上がっていくうちに、SVの仕事に大きなやりがいを感じるようになりました。現在は渋谷を中心とした9店舗を統括する立場となり、各店の店長と協力しながらお客様の期待に応えられる店舗づくりを進めています。
仕事で特に重視しているのは、お客様目線で店舗を観察し、そこから見い出した改善点をスタッフと意見交換すること。店長の育成もSVにとっての大事な仕事です。店舗運営に必要な知識や技術をしっかりと教えることで、より多くのお店で良い状態を維持することが可能となります。
実際にSVを経験してみると、自分の考えや思っていることを行動に移してもらうことは本当に難しく、店長との信頼関係を構築することも容易ではありません。しかし、そこが腕の見せ所であり仕事の醍醐味でもあります。

店舗を立て直した経験が自信に。

これまでのキャリアで一番印象深かった出来事は、入社4年目で経験した店舗の立て直しでした。立地が良く全国でもトップクラスの売上を誇る店舗だったのですが、忙しいため人員が不足し、運営そのものが厳しい状態で私が店長を引き継ぐことになりました。
新規スタッフ採用も必要ですが、まずは今働いている既存スタッフでお店をなんとか運営していかなくてはなりません。そこでスタッフ一人ひとりと向き合い、話し合い、信頼を得て稼働の日数を増やしてもらいました。また、新たに採用したスタッフがすぐに辞めないよう、現場に入る前にオリエンテーションの機会を設けて自分が作り上げていきたいお店のイメージや想いの部分を丁寧に伝え、理解いただくことに時間を使いました。
危機的な状況は3カ月ほどでなんとか収束し、売上面でも前年同月比で約10%の大幅アップを続けることができました。自分の努力が実った喜びと同時に、仕事は一人ではできないことを痛感しました。

自分をうどんに例えると?

ぶっかけうどん

バランス感覚がとにかく抜群!夏でも冬でも安定して出る定番で
「悩んだ時は、こいつに任せておけば大丈夫!」という存在になりたいです。

はなまるの ここが はなまる!

風通しがとても良く、思ったことを言い合える環境が整っているところです。また、労働環境の面で「女性が働きやすい職場」を目指すことで、結果として「女性だけでなくすべての社員・スタッフにとって働きやすい職場」につながっているところも魅力です。若手がどんどん成長していく様子を間近で見ることができる環境も、はなまるで働く魅力のひとつだと感じています。

就活生へのメッセージ

就職活動って本当に大変ですよね。「自分が本当にやりたいことは何なのか?」「どんな人物になりたいのか?」正直良くわからない方も多いと思います。でも、それが大半の人の想いで、入社のきっかけも人それぞれ。入社することがゴールではなく、入社してからが社会人としての本当のスタートです。はなまるに少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ会社説明会に参加して当社のことを深く知ってくださいね!